婚約解消が法的に認められたケース

法的に婚約解消が正当と認められているケースは、次のとおりです。

婚約者以外の異性との関係がある場合。
婚約者から耐えがたい暴力を受けた場合。
婚約者からひどい虐待を受けた場合。
婚約者が結婚生活に支障きたすような悪性の病気を持っていた場合。
婚約者が性的不能者であった場合
婚約者が経歴を著しく偽っていた場合。
婚約者が挙式や婚姻届の提出を理由なく引き延ばしている場合。
その他、結婚生活を維持しがたい重大な理由のある場合。


Copyright © 2007 結納・婚約のマナー. All rights reserved