結納で用意するもの

結納品は、結婚する2人の幸せと子孫繁栄を願う縁起物を揃えるものです。
9品目が正式です。
略式の7品目、5品目、3品目もあります。
必ず奇数で揃えるしきたりになっています。
デパートや専門店、結婚式場で、セットで販売されています。
結納品は、地方によって、違うので事前に両家で相談して決めるようにします。

結納
品の由来は次の通りです。
目録・・・結納品の品名と数量を示したもの。
金包・・・結納金の入った包み
長熨斗・・・本来はあわびをのしたもので、不老長寿のしるし。
末広・・・純潔無垢と家内繁盛の末広がりを意味し、純白の扇子。
友志良賀・・・共白髪を意味し、長寿健康を願う意味の麻糸。
寿留女・・・長期保存ができ、幾久しく、不時の備えを意味するするめ。
子生婦・・・子宝に恵まれ、子孫の繁栄を願う意味の昆布。
勝男節・・・剛毅な男性の象徴である鰹節。
家内喜多留・・・もとは朱塗りの柳樽でしたが、今は酒肴料として現金を包みます


Copyright © 2007 結納・婚約のマナー. All rights reserved