仲人の選定・依頼

通常結納を取り交わす際には、両家のほかに仲人を立てるのが一般的です。
見合いから結婚へと進んだときには、見合いのときの仲介者に結納の仲人もお願いすることが多いようです。
仲介者に仲人を辞退されたり、恋愛結婚のときには、新たに仲人を依頼しなければなりません。
結婚する本人の上司、知人、恩師など、知り合いの年長者から、ふさわしい人を選びます。
また、仲人を立てずに、当事者と両家だけで結納を執り行うことも最近では珍しいことではありません。

仲人を依頼し、引き受けてもらえることになったら、結婚する2人とそれぞれの両親は仲人宅を訪問します。
正式に仲人を引き受けてもらえるよう依頼します。
その際に次のようなことをはっきり伝えます。
1.結納をするのか
2.するとしたとき結納の仲人もお願いするか
3.結婚披露宴での媒酌人までをお願いするのかなどです。


Copyright © 2007 結納・婚約のマナー. All rights reserved