現代の結納

以前は、男性から贈られた結納に対して、関東ではその半額を返す半返しをしていました。
また関西では半返しは行わずに支度金として新居に持って嫁ぐのが習わしとされていました。
しかし、最近では結納返しはしない傾向にあります。
あらかじめ男性側が半返し分を引いた額を結納金としたりしています。
また、現金ではなく婚約記念品を贈るということが増えています。


Copyright © 2007 結納・婚約のマナー. All rights reserved